通信制高校で得られる高卒認定資格について

通信制高校の役割について

通信制高校はサポート校やフリースクールと混同されがちですが、全日制高校や定時制高校と同じく学校教育法に定めれているれっきとした高等学校です。
サポート校やフリースクールの場合には生徒に学習の場を与えるための学校のことですので、卒業はできても高卒認定資格を取得することはできません。
通信制高校では全日制高校で何らかの理由で不登校になった生徒や学業不振で中途退学した生徒、そして経済的な理由で学業を断念せざるを得なかった人が高校卒業資格を取得するために学業に励んでいます。

得られる資格は“高卒認定”

修業年限は3年以上と定められていますので卒業までは最低3年はかかりますが、それぞれの人が自分のペースに合った勉強をすることができますし、また3年以上かかっても高卒認定資格をとることが可能ですので中途退学をする人もかなり減少すると考えられます。
このように通信制で勉強をするメリットは、自分の決めた時間とスパンで勉強できる柔軟性にあります。
学校の雰囲気に馴染めずに不登校になったり、学費を稼ぎながら勉強をしなければいけない人でも無理に毎日学校に登校する必要がなく、自分の好きな時間に勉強することができるのです。
ただしスクーリングという面接指導がありますので、定期的に月に2回ほどは学校に登校する必要がありますし、試験を受ける必要もあります。
それ以外には特に負担になるようなことはありません。

インターネット経由のEラーニングが主流

ちなみに以前の通信制高校の場合には郵送によるレポートなどの提出が主流でしたが、最近ではインターネットの普及によりe-ラーニングを採用している学校も増えてきました。
e?ランニングだと学習している時に疑問点が生じた場合には、メールで質問をすることで早く解決することができます。
このように時代とともに学習方法も生徒にとってより便利になってきています。